« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月31日 (水)

いろいろな刑事さんがいます

こんばんは。

今日、本屋に立ち寄りました。すると本屋内の壁に「メイド刑事」という作品のポスターが貼られていました。ああ、いくら流行(ですよね?)だからってなんでもメイドってつけりゃいいんでしょうか……。

これを見て私はふと思いました。

「そういえば、○○刑事とか刑事○○って作品が多いよなぁ」

そこでちょっと調べてみました。

これがまあ、実に多彩な刑事さんがいらっしゃるようで、案外おもしろいです。

有名なのは「ケータイ」とか「スケバン」、「はぐれ」、「あぶない」、「富豪」などのドラマ関連作品がありますね。個人的には「さすらい」が好きだったんですけどね。

それで、全部の作品を読むわけにはいかないのでタイトルから内容を想像してみるとこれが面白いんですよ。

「ボディコン」なんてのはどういう作品なんでしょ。

「嫁姑」は内輪もめが起きてそうです。わざと相手の足を引っ張るのか、ここ一番で最強のタッグになるのか。

「パートタイム」にいたってはすでに正社員ではありません。警察は人数が不足してますからね。

「退職」はすでに辞めちゃってます。やっぱり警察は人数が不足してますからね(コメントがパートと同じか)。

「幽霊」は実体がありません。祟られるよりは自首した方がいいですね。

「サムライ」はすでに本人が銃刀法違反です。この人にとっては拳銃の代わりに刀が認められているのでしょうか。

「エプロン」とその中に出てくる「まるだし」って……。裸にエプロンの妹とスッポンポンの兄。どーいう作品なんだ。

「ぶたぶた」はすでに人間ですらありません。

「ひみつ指令マシン刑事999」って何? タイトル見ても想像が出来ません。

まだまだたくさんの刑事さんがいらっしゃいます。作品内のキャラクターとしてはさらにもっとたくさんいるでしょう(こちら葛飾区亀有公園前派出所の海パン、ドルフィン、月光など)。

日本は本当にいろいろな刑事さんがいたんですね。タイトルで内容を想像するだけでこんなに楽しいなんて。というか、なんでも刑事にすりゃいいって事じゃないと思いますが……。この事について本職の刑事さんはどう思っているんだろう。

そーいや、○○まんじゅうとか○○せんべいなんてのもお土産の定番だなぁ。日本人はパターンが好きだと聞いたことはありますけど、○○刑事もその関係なんでしょうかね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

忙しさは急にやってくる

こんばんは。

最近、身辺状況にいろいろ動きがありまして、忙しい毎日を送っております。時間があるときには徹底的に暇というか、手につかないものです。一方で時間がない時に限ってやることが多くて手が回らない。不思議なものです。

しかも忙しさは急にやってくるもので、準備が出来ないまま忙しくなるので大変です。

趣味に使う時間がかなり減りそうなので予定が狂ってしまいます。時間があるうちにやれる事はやっておきたいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

盲点

こんばんは。

昨日は久しぶりに懐かしい方々とお会いしました。それで鉄分を補給してきました。

私は買い物をして合流したんですが、雨だというのに東京はどこに行っても人が多いですね。東京に住んでいると気がつかないんですが、東京って観光地なんですよね。全国から旅行客の方々がたくさんいらっしゃいます。もちろん外国の方もいらっしゃいますけど。

私が日本各地に旅行に行くと「観光客が多いなぁ」と感じますが、考えてみれば東京にも観光客がたくさんいるのにそう感じないのは面白いですね。人が多いのが当たり前だからなのでしょうか?

そう考えると何事でも、普段に見慣れているものほど盲点があるのかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

連載小説をちょっとだけご案内

こんにちは。

昼間にブログの更新をするのは夜に更新できそうにないからです。

さて、来週からスタートする連載小説。執筆を開始しました。といっても全然出来ていないんですけどね。

タイトルは「……」です。まだ(仮)ですけど。

ジャンルは学園ものです。主人公は中学二年生です。地の文は三人称で展開していきます。

内容は実際に始まってから読んだ方が良いと思いますのでもう少しお待ちください。

今日はこれでおしまい。皆様のまたのお越しをお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

連載企画・決定

こんばんは。

連載企画の詳細が決定しました。とりあえず試験的にやってみますので今回限りの企画になるかもしれません。

まず、公開は「毎週土曜日・深夜」の予定です。

短編小説を公開します。

一つの話を四回ぐらいで完結させます。ですが、まだ書いていないので短くなったり長くなったりするかもしれません。

公開期間は一週間です。つまり次回の更新と同時に前の内容は消去します。

一つの話が完結してからメインサイトのホームページで公開しようと思いますが、内容によってはお蔵入りになります。お見逃しのないよう、ご注意ください。

公開開始は六月三日からです。五月二十七日はご案内程度を考えています。

素人が趣味で書く作品ですので、お見苦しい点はご容赦ください。

また、お読みになった方はわずかでも構いませんので、ぜひ批評・ご意見・ご感想をお願いいたします。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

連載企画・計画中

こんばんは。

ブログで書くネタなのですが、主に近況報告や気になったことについて述べています。それでも特に書く事がないと困ってしまいます。

アクセス数を増やすためにも、毎週決まった曜日に連載企画をやろうかと考えています。私の余暇の関係もあるのでおそらく金曜か土曜になると思います。企画の内容はまだ白紙ですが、連載するなら小説の方がよろしいでしょうか?

つれづれなら毎日書いているようなものですし、小説なら下手ではありますが続きが読める楽しみがありますし。ただ、あまり長い話だと私自身が続かないと思いますので四話又は五話完結、つまり月に短編一作品の公開を考えています。

今週末までに第一作目の企画をまとめ、来月から開始という形に出来ればいいかなと思います。拙い文章ではありますが、ご期待いただければ幸いです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ワープロ原稿

こんばんは。

今日は昨日に引き続き、ワープロの文章をパソコン用に変換する作業をしました。その中に学生時代(十五、六歳くらい)に応募した作品があったのですが、恥ずかしい内容でした。

アイディアは面白いのですが文章に恥ずかしい表現が使われていたりして、よくこんなのを応募したなぁと思ってしまいました。アイディアは当時の私の考え方が分かるのでなるほどねぇと自分で感心した点もあったりしましたけどね。

今日は少ししか作業が出来ませんでしたけど、こうした眠っている宝石の原石をなるべく早く掘り出したいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

久しぶりにワープロを動かしました

こんばんは。

久しぶりに今日はワープロを動かしました。数年ぶりなのでバッテリーが切れていました。今はパソコンのワープロソフトを利用しているので使っていなかったのです。

かつてワープロで作った文章を保存する作業をしようと思い、動かしたのです。しかしこれが簡単にはいきません。まず、ワープロ用のフロッピーからデータを読み出し、テキスト文書用のフロッピーに保存します。

さらにそれを古いパソコンで呼び出し、パソコン用のデータに変換しなければならないのです。最後にそのデータをCD-Rに記録するのが最終的な目標ですが、今日はワープロのメンテナンスだけで終わってしまいました。

おかげで部屋は狭いままです。早く部屋を広く使うためにも毎日少しずつデータの変換をしていきたいと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

写真を整理

こんばんは~。皆様、いかがお過ごしですかぁ?

今日は蒸し暑かったです。今年初めて冷房を使いました。バスや電車、量販店にも冷房が入ってましたね。

暑いなぁと思っていたら突然、強風と大雨が降って気温が下がりました。それでもまだ湿気があって心地よくはありませんね。

今日は今までに撮り貯めたネガやポジを整理しました。さすがに十数年分ですからプリントは段ボール箱一杯ありましたし、ネガポジはあまりに多すぎて整理するのに一日がかりになってしまいました。

中には小学生時代に撮った写真があって懐かしくなりました。それと同時に学生時代に撮った写真には今は亡き人やしばらく会っていない人達がたくさん写っていて当時を思い出しました。

また、近所の風景が変わっていないようで結構変わっているんだなと感じました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

鉄道会社(ぽっぽや)はお客様の人生を預かっている

こんばんは、皆様。

今日のニュースで野岩鉄道の車掌が飲酒して乗務をしていたという事が報道されていました。しかもそれが今月の四日だそうです。私が会津に行った次の日です。

最近はこうした鉄道会社社員の不祥事や鉄道会社の不祥事、そして列車の遅延などがかなり目立ちます。

特に首都圏のJRは毎日のように遅延したり運転見合わせが起きています。

もちろん、あの尼崎の列車事故以降はマスコミも過剰反応をして、今まで取り上げなかったような事もニュースで取り上げているので増えたように見えているのも事実です。

しかしだからこそ鉄道会社や鉄道員はもっと意識を高く持ち、気をつけなければならないのではないでしょうか。

鉄道に限らず、公共交通機関は安全が第一です。だからといってダイヤを乱してもいいということではありません。ダイヤが乱れるという事は、そのダイヤに無理があるということなのです。つまりスジ屋(ダイヤを作成する人)や車輌運用、各部署での調整がうまくいっていないということではないでしょうか。

列車の本数を減らせば輸送力が低下します。その対策は編成輌数を増やしたり複々線にするなどがあります。しかし首都圏ではどちらも限界に来ています。とすると、地上設備や車輌性能を上げるなどが考えられます。こちらもほぼ限界に近いです。

そうなると現行のダイヤでいかに安全に運行するかということになります。そうなると鉄道員の意識向上が不可欠になります。

列車が遅延するという事はお客様の人生を奪っていることと同じです。重いものなのです。鉄道員にそういう意識が少ないのかもしれません。

安全運行がなぜ大事かというとお客様の命、つまり人生を預かっているから。それならば列車の正常運行もその次に大事だって事なんです。

鉄道会社や鉄道員はお客様の時間を預かっているという意識を持っていただきたいと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

迷惑メール

こんばんは。

皆様は迷惑メールを受け取った事がありますでしょうか? 私の場合、毎日何通も来ています。最近は知人を装っていたりするので困りますね。

特に差出人の名前が知り合いにいると「あ、何の用だ?」と思うと実態は迷惑メールで本当に腹が立ちます。最近は迷惑メールフィルターがあって自動的に排除してくれるのでありがたいですけどね。

それと、変な勧誘の電話なんかも困りますよね。オレオレ詐欺とか振り込め詐欺とかが流行っているようですが、そういう感じの電話もかかってきますし。

無料で差し上げますとか無料で工事しますとか無料で……、という感じの勧誘があったんです。でも世の中、うまい話しにゃ裏がありますからね。それにただより高いものはないですよ。後で何を言われるか分かったもんじゃありませんしね。

ああいう勧誘って大体、その場で決定させるように粘るんですよね。なんでその場で決めなきゃならないのか。怪しさ大爆発です。あたしゃ、そんな勧誘にはのりません。後ろめたくないのなら後で連絡しても問題ないはずですしね。

あれって忙しい時に限って電話がきたりするんですよね。勘弁して欲しいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

灯台下暗し

こんばんは。

実は某所で聴いたCDが良かったので買おうと思い、探していました。先日の日曜日、交通博物館の帰りに秋葉原界隈の店を回ったのですが、どこにもありません。

ネットオークションやネットショッピングで探してもありませんでした。相当マイナーなCDらしいのです。発売は今から五年前です。もうないんだろうなと思いながらも発売メーカーのホームページを見ると、あれだけ探してもどこにもなかったCDがあったんです。

もちろん申し込みをしました。それにしても市中のどこにもなかったのにメーカーにあるとは思いませんでした。売れなくて在庫がたくさんあったのでしょうか? まだ手元に届いていませんが、無事に手に入りそうなので安心です。これからはメーカーさんのホームページを最初にチェックしてみようと思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

ストレスはためないほうがいい

こんばんは。

ストレスって怖いですよね。ストレスによって大きな病気になったり、体調を崩したりします。ずいぶん前の事になりますが、過剰なストレスで病気になりましたしね。

先日、何時間も立ったまま待たされた事があったのです。それでかなりの疲労とストレスが溜まりました。その帰り、駅で電車を待っていると次の列車は回送列車。しかもその次の電車は五分も遅れてきたのです。

次が終着駅なのですが、それなのに車内放送で遅れたことについて何の放送もありません。ストレスが溜まりました。

さらに駅を出てバスを待っていると訳の分からない男が列に割り込んできたのです。しかも上手く誤魔化して列に入ろうとしました。

ストレスがかなり蓄積し、イライラしました。ストレスって蓄積すると本当に体に悪いです。おかげで家に着くと気力が起きずにそのまま眠ってしまいました。

その日は訳の分からない悪夢に襲われて(戦争に巻き込まれて苦労するという感じの夢)寝起きが悪いし、最悪です。疲れも取れていないし勘弁して欲しいです。

ストレスはためないように気をつけたいですね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

さようなら、そしてありがとう、交通博物館。

こんばんは。

今日は交通博物館に行ってきました。本日、2006年5月14日をもって閉館になりました。

今朝、少し家を出るのが早いかなと思いつつも家を六時に出ました。秋葉原に着くとまずはみどりの窓口で割引入場券を購入。そして万世橋の交差点に行くとすでに長い列が。まだ開館時間の二時間前だったのに石丸電気三号店まで列が伸びていたのです。

開館時間は通常より一時間早い8時30分でした。入口で記念切符をもらい、まずは売店へ。グッズが売り切れになる前にお土産を買いました。その後、二階に上がると謎の列が。どうやら弁当販売の列のようです。これは何かあると思った私はすかさずその列に並びました。

しばらくたつとその弁当は最終日のみの特別包装された弁当で、ポストカードももらえるという事が分かりました。限定数の発売という事で買えたのはラッキーでした。

その後、満員の館内を見学し、映画も鑑賞しました。さすがに何時間も立ちっぱなしなので足が疲れてきてしばらく椅子に座って休みました。

そしてとうとう閉館時間の17時に。しかしここで館内放送が。鉄道模型最後の運転を臨時に行うということでした。それを聞いた館内のお客さんのほとんどが鉄道模型の前に殺到し大混乱に。係員の人も予想外の展開にお手上げ状態。一度の運転では全てのお客さんを収容できず、二回に分けて運転することに。私はその二回目、つまり交通博物館としての最後のアトラクションを最前列で見学できたのです。

最後の運転を終え、博物館の人のご挨拶と共に拍手の嵐。老若男女問わずその場のみんなが一つになりました。

こうして閉館時間は18時に延長されました。しかしここからがまた大変。博物館の外には帰らずに最後を見届けるお客さんで大混乱。最後のお客さんが出たのは19時過ぎ。博物館の人の挨拶と共に拍手と大声が飛び交います。

「ありがとう」(感謝の声)
「ばんざーい」(なぜ?)
「大、宮! 大、宮!」(移転先の鉄道博物館が大宮なので。2007年秋オープン予定)
「マンセー!」(博物館の地名の万世と万歳をかけた。笑いがおきます)
「みんなー、鉄道博物館で会おうぜー!」「おー!」

そして拍手の嵐と三本締め。『ありがとう交通博物館』というお手製の垂れ幕も登場。ついでにスイカペンギンも。みんなよく作ってくるなぁと思いました。
さらに博物館のドアが閉まるときに上を走る中央快速の運転手さんが警笛をならしました。それを聞いて一斉に「おおおぉぉぉ!」という声。

「あの運転手、分かってるよなー!」

そんな声があちこちから飛び交い、みんな解散していきました。

それにしても鉄道マニア(通称・鉄ちゃん)はパワーが違いますね。こうして交通博物館は長い歴史を終えるのでした。これだけ多くの人に惜しまれつつ閉館したのですから博物館も幸せだと思います。

ありがとう、そしてさよなら、交通博物館。来年の秋、生まれ変わった鉄道博物館として大宮で会いましょう。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。20060514_001_1 20060514_004_1 20060514_006_1 20060514_009_1 20060514_028_1 20060514_036_1 20060514_039_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

誇大広告

こんばんは。

世の中には様々な商品の広告があふれています。我々消費者はその広告によって商品を知り、購入します。もっとも、直接店舗に並んでいる商品を見て知ったという場合もあるでしょうけどね。

うそ、おおげさ、まぎらわしい、そんな広告があれば公共広告機構へ。公共広告機構のCMでこんなコピーが使われています。実際の商品内容と異なる情報を与えることは許されません。

ミスリードをさせる手法も歓迎されません。このミスリードは小説の世界では有効な手法として使われています。読者を誘導するように情報をうまくだしつつ話を進め、最後の場面で真実を公開する。

ただし、そんな小説の世界でもこんな例があります。タイトルと話の内容が全くつながらないという場合です。最初はよく分からないタイトルでも、読み進めるとその意味が納得できる。これが普通です。しかし、何の脈絡もないタイトルという作品があるのです。

どんなに素晴らしい物語でもそれでは読者の反感を受けます。実は今日、そういう作品に出会ったのです。この場合、タイトルというかキャッチコピーなのですが、そのコピーにあるキーワードとなる「モノ」がほとんど関係ないまま終わってしまうのです。

そのコピーにひかれて読んでいたのにガッカリです。話の内容もツッコミ所が満載です。いやぁ、あれなら別の事をして時間を過ごした方が良かったですね。

公共広告機構に苦情を寄せる読者もいるかもしれません。あの作品、なんで出版されたのか疑問が残りますし。

先日、偉人の話をしました。偉人の全てが有名ではない、と。

小説に関しても隠れた名作があるのと同時に、出版されている駄作も多いって所でしょうかね。世の中って難しいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

短編小説のプロットを作る

こんばんは。

今日は久しぶりに小説を書こうと思い、プロットを作りました。短編なのでそんなに時間はかかっていません。ばかばかしい内容なんですが暇つぶしにはいいかなと思います。

明日の昼間に原文を書き上げようと思いますが、明日は別の用事があるのでもう少しかかるかもしれません。推敲はその後になるので完成はさらに先になると思います。

公開は特にしませんけど、気が向いたら三ヶ月くらい先にやるかもしれません。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月11日 (木)

いろいろあって疲れる

こんばんは。

昨日はすっかりダウンしてました。というより力尽きて眠っていたという感じでしょうか。起きたのが夜中でした。

身の回りでいろいろと動きがあって気が回りません。おかげで風邪気味なのはそのままですし。今週末は土曜日も日曜日も出かける予定があるのでちょっとつらいですね。

しかも日曜日の方はかなり疲れるのがはっきりしていますのでなんとか調子を整えたいものです。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

風邪かも

こんばんは。

ここ最近、気温の変化が激しいので風邪をひいたようです。熱はないのですが咳と鼻が少しだけ出ます。ですから日常生活に支障がありませんが、本調子ではありません。

ですので今日はなるべく早く休もうと思います。

という事なので今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

座禅せば

皆様こんばんは。

久しぶりにしばらく見ていなかったDVDを十数分だけ見ました。というのもあるきっかけで座禅について考える事があったからです。その時にかつて某作品内でそのことについて触れられている事を思い出し、その部分だけ見たのです。

某作品について知っている人と座禅に興味がある人なら聞き覚えがあるかもしれません。それは大徳寺の開祖・大燈国師の言葉です。

「座禅せば 四条五条の 橋の上 往き来の人を 深山木に見て」

この意味が分からなくて少しだけ調べました。「深山木(みやまぎ)」というワードで「深山木(ふかやまぎ)薬店」という何かの小説ばかりがヒットして少し困りましたけどね。

このうたの背景として、大燈国師のいた時代に出家した人と在家の人とどちらが偉いかという議論になったそうです。次第に座禅をするには出家した方がいいということになったらしいのですが、大燈国師はそんな議論を批判してうたたったそうなのです。

うたの意味をものすごく簡単に言うと、座禅には場所は選ばないんだよ、どんな場所でも座禅が出来る場所なんだよってことらしいです。

そこで、最初に出てきた某作品の言葉。このうたにはさらに境地に至るうたがあるそうです。

「座禅せば 四条五条の 橋の上 往き来の人を そのままに見て」

つまり行き来の人を「深山木」に見てしまうことに無理があるのです。だから「深山木」と見るのではなく、他人は他人としてそのままに受け止めよという事らしいのです。他人は他人としてそこに存在し、自分は自分としてそこに存在する。

これらの二つのうたですが、すごく深いんだなぁと考えてしまいます。私は座禅の事や仏教にそんなに興味があるわけではありませんが、調べてみると面白いなぁと感じました。ただ、あまりにも情報が少なすぎてこれで正しいのかどうか分かりません。

だれかこれらのうたについて詳しくご存知の方がいらっしゃればお教えいただきたいです。なんか久しぶりに京都に行って、大徳寺の方に直接お話を聞きたくなりました。今度の長期旅行の候補の一つは京都ですね。

大燈国師のお寺だからこそ一休さんのような偉いお坊さんがいたのかもしれませんね。一休さんの考え方に近いような気がしますしね。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

偉人と人気者

こんばんは。

今日は特に何もせずに家でゆっくりしていました。というのも、本日の深夜に趣味に時間を費やしていまして、寝たのが朝方だったからです。おかげで起きたのが午後でしたので外に出かけずにお茶を飲みながらテレビを見ていました。

テレビを見ていると偉人について取り上げた番組をやっていました。残念な事に私の尊敬する上杉鷹山は出てきませんでした。確かに織田信長に比べれば知名度は低いですけどね。それに藤堂高虎も出てきませんでしたね。

でも世の中にはこういう有名じゃない偉人もたくさんいるんですけどね。義務教育で教えられる歴史上の人物は限られていますから当然なのかもしれません。だからこそ織田信長や坂本竜馬が上位にくるんじゃないのかなぁという気がします。

だって義務教育の授業で藤堂高虎や上杉鷹山について勉強するという事は少ないでしょう。さすがに今治や伊賀、米沢の学校なら地元の歴史として習う事もあるでしょうけどね。歴史に興味がないと自ら勉強するという事も少ないでしょうし。

教科書に出てくる人物は確かに歴史を作った人達です。しかし教科書に出てこない偉人もたくさんいるし、知らない事実もたくさんあります。

例えば、明智光秀は本能寺の変で織田信長を攻めました。裏切り者のように見えますが福知山に行ってみてください。とても立派な領主だったという事が分かると思います。

どんな人物にも光と影があります。そのスポットの当て方でイメージが決定され、人気に差が出るのです。これについては様々な事について同じ事が言えると私は思います。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

区立図書館

こんばんは。今日は暑かったですね。

都内の中心部は人がすごくて出かけられないので近所を自転車で散策しました。河川敷まで行くと川では水上スキーしている人、グラウンドでは少年野球、土手ではサイクリングやウォーキングをしている人などいろいろいました。

時間があったので帰りに区立図書館によってきました。実に十年以上行っていませんでした。というのも中学を卒業してからは学校の図書館や国会図書館ばかりに行っていたからです。

区立の図書館だとレポートや論文を書くための資料が古かったり無かったりという事だからです。今ではインターネットで簡単に検索できますが、当時はそこまで普及していませんでしたから。当時は図書館の机に何冊も本を積んで勉強したものです。

久しぶりの区立図書館はいろいろ変わっていて使い方がよく分かりませんでした。利用の手引きを読むと借りられる冊数が増えていましたし、バリエーションも豊富でした。

なんとなく本棚を見ていると懐かしいものを見つけ、借りてきました。しかし貸出カードが変わっていて私の持っていたカードは使えなくなっていました。だから新しいカードを作りました。

せっかくカードを新しくしたんですし、あれだけ本のバリエーションが増えているならたまに顔を出してみるのもいいかもしれないと思いました。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

今日は家でゆっくりと

こんばんは。

今日は暖かくて過ごしやすい日でしたね。本当は近所に出かけたかったんですが、あまりにも気持ちがいいのでお茶を飲みながら家でゆっくり過ごしていました。

するとテレビのニュースで都内各地の様子が流れました。ものすごい人の数です。普段の休日の数倍は人がいたみたいです。私の目的は散歩と買い物程度なので連休が終わってから出かけようと思います。

都内の中心部に出たくないです。来週の土曜日辺りが空いていていいかもしれませんね。

ちなみに私が旅行に行くところ――最近では会津ですが――人があまり行かない所を目的地にして交通機関は自動車は絶対に使いません。鉄道も特急は使わず、快速やローカル線に的を絞ります。

今日はこれでおしまい。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

会津旅行記

こんばんは。

五月三日に会津へ行ってきました。今回のスタートは浅草からです。浅草から快速電車に乗り、東武鉄道~野岩鉄道~会津鉄道~只見線~磐越西線という経路で喜多方まで行きます。

今回の旅は誰にも道を訊かれませんでした。まあ、それが普通ですよね?

さすがに連休中ということもあって始発駅の浅草から快速はすでに満席状態。運良くドアの横にある席に座る事が出来ました。次の停車駅である北千住ではすでに立っているお客さんがたくさんいました。いやぁ、座れて本当に良かった。

快速電車は前二輌が東武日光行き、中二輌が会津田島行き、後二輌が新藤原行きの六両編成でした。私は前から三両目に座っていました。

特に目立った出来事もなく、無事に電車は鬼怒川温泉駅へ。ここで私は下車し、反対側のホームに止まっているAIZUマウントエクスプレスに乗り換えます。なぜなら喜多方に行くためにはこれに乗らなければならないからです。

最初に乗っていた快速で会津田島に行くと乗り継ぎの快速列車があるのですが、会津若松止まりなのです。しかも会津若松から喜多方への乗り継ぎ列車はありません。だから鬼怒川温泉始発のこの列車に乗り換えた方が確実に座れるのですね。

しかもAIZUマウントエクスプレスはかつて名古屋鉄道で特急「北アルプス」として使われていた車輌なので豪華です。ただ、手洗い所の水道が故障していましたが……。以前に乗った時はちゃんと動いていたのですけどね。

それと以前に乗った時と違っていたのは、LEDの停車駅案内が表示なしでした。さらに編成が二両から三両に増えていたという事です。

さて、マウントエクスプレスに乗って最初は喜多方の手前にある塩川という駅に向かいました。この駅から少し歩いた河川敷ではこいのぼりが飾ってありました。

そしてこの河川敷でSLのばんえつ物語号を待ちます。しばらくすると汽笛と共にSLがやってきました。近所の親子連れも見に来ています。写真を撮って乗客に手を振ると、再び塩川駅の近くまで戻ります。しかし喜多方方面の電車は一時間以上無いのを知っていますのでバスで喜多方に向かいます。

やはり連休で道が混んでいたらしく、バスは二十分ほど遅れていました。乗客は最後まで私一人でした。

喜多方に着くと源来軒という老舗のラーメン店へ。すごく混んでいました。

注文はラーメンにしようと思ったのですが、食べているお客さんのどんぶりはやや小さめです。ですから大盛ラーメンを注文しました。しかしラーメンが出てきてびっくり。麺とスープが二人前、そしてどんぶりもそれ相応の大きさです。相席の夫婦連れの人もびっくりしていました。

平静を装っていましたが一番驚いていたのは私ですよ……。

食べられるのか不安でしたが、何とか完食。でももう何も食べられない状態です。重いからだを引きずって喜多方駅へ。するとSLばんえつ物語号の折り返し列車に遭遇。それを見送って会津若松に戻りました。

当初の予定ではここでソースカツどんを食べる予定でしたが、想定外のラーメンのおかげで断念。町の観光は以前に来たときにしていたので今回はお土産を買い、そのままホームへ。

ここから会津田島、そして会津田島から区間急行という名の「各駅停車」電車で東京に戻ってきました。会津田島から東京まで四時間以上もかかるんですよ。以前はこの時間の列車は快速だったのに三月の時刻改正で変更になってしまったんです。

それでも今回は予想より早く帰ってこられました。当初の予定ではまだこの時間には家に戻ってきて間もないはずです。それもすべて大盛ラーメンによる予定の変更が影響しているようです。

今日はこれでおしまい。おつかれさまでした。

1_1 2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

今日は会津に

こんばんは。

今日、5月3日は会津に行きます。非常に久しぶりです。

本日の夜にブログの更新が出来ない事が確実なので今の時間に更新しておきます。今回の旅は何が待ち受けているのか楽しみです。

今日はこれまで。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »