« 実務家の人の話 | トップページ | 夜の交通博物館 »

2006年4月 9日 (日)

くるり千葉県・久留里線旅行記

 4月8日に千葉県に行きました。青春18きっぷが一回分残っていたので使い切るためです。
 朝早く起きて、まずは錦糸町駅から総武快速線へ。そして千葉駅に着くと万葉軒ではまぐり丼を買おうとすると店のおばちゃんは、
「はまぐり丼は9時ごろにならないと来ないんだよねぇ」
とのこと。入荷までまだ1時間以上もある。仕方なく鰯乃押寿司に変更し、安房鴨川行きの普通列車に乗り込んだ。それから安房鴨川に着くまで景色を眺めていました。

 安房鴨川に着くと南総軒へ。以前に来た時には全ての駅弁が売り切れだったのでなんとしても買いたかったのです。おばちゃんのお勧めであわびちらしを買いました。
 駅前のジャスコに寄ると立正佼成会のおばあさん達が何かをくれました。
「今日はお釈迦様の誕生日だから」
くれたものは飴玉とあま茶でした。ありがたやありがたや。

 弁当とお茶を持ち、海岸を散歩するとサーファーの人達がたくさんいました。日差しは暖かいし、風は気持ちいいし、居眠りしたい気分になりました。敷物を持ってくれば良かったです。

 二時間ほど散歩したあと、鴨川駅からバスに乗って上総亀山へ。上総亀山駅の建物にはツバメの姿が。以前に内房線の浜金谷駅や江ノ電の長谷駅にもツバメがいましたが、この上総亀山駅の駅舎にもツバメが巣を作っていました。その姿を眺めながらあわびちらしを食べました。

 ここから久留里線に乗り木更津へ。ちょっとだけ贅沢をして快速線のグリーン車へ。蘇我駅に着いたところで車内放送。
「ただ今、外房線内で人身事故のため千葉駅に列車が詰まっております。この電車はしばらくこの駅に停車します」
つまりは足止めです。数十分後に動き出したものの、総武・内房・外房などが遅延していました。こうしてやっとこさ東京に帰ってきたのでした。

 夜の交通博物館に続く。Photo

|

« 実務家の人の話 | トップページ | 夜の交通博物館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くるり千葉県・久留里線旅行記:

« 実務家の人の話 | トップページ | 夜の交通博物館 »