« 旅行計画・流氷編 | トップページ | 眠い »

2006年2月24日 (金)

上野駅を通ったら

今日、上野の駅前をたまたま通りがかりました。すると消防車やら救急車やらがたくさん止まっています。

「とうとう上野駅がテロの標的になったのか……」

いえ、違いました。どうやら訓練だったようです。しかも一日署長ベッキーさんなんて垂れ幕までありました。周りのおじさんたちもホッとしながら通り過ぎていきました。

しかしこういうことが現実に起こらないとも限らないんですよね。最近はどんな事件がおきても不思議じゃない世の中になってきてますから。

日本の安全神話なんて言葉が懐かしく感じます。いつまでこんな平和でのほほんとした生活が続けられるんでしょうね。それでもそうなりゃ適応して生きていかなきゃいけないんですけど。

今までの日本の歴史ではここまで平和な時代が続いていたのは珍しいくらいです。人間は基本的に馬鹿ですから何度も同じ過ちを繰り返します。

平凡な毎日こそ幸せなんですよ。私のかなり前からの考えです。非日常は架空だからこそ面白いんです。

なんか難しい話になってきたので今日はこの辺でやめておきます。これにこりずに今後もこのプログをよろしくねっ! さようなら。

|

« 旅行計画・流氷編 | トップページ | 眠い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上野駅を通ったら:

« 旅行計画・流氷編 | トップページ | 眠い »